【2019年保存版】あらゆるカフェでWi-Fiに接続する方法まとめ!

カフェでWi-Fiを接続する おすすめ情報

カフェでインターネットをする時、皆さんはWi-Fiを使っていますか?

Wi-Fiうまくを使うとギガの節約にもなるので、カフェで動画を見るなど大量のギガを消費するサービスを利用するのにはWi-Fiは不可欠です。

この記事では、お店でのWi-Fiの使い方をご説明致します!

カフェのWi-Fiに接続する方法

カフェによって提供しているWi-Fiが違う場合があります。

Wi-FiのSSID(Wi-Fiの名前のようなもの)が違うだけでなく、接続方法も違ってくるのでそれぞれの接続方法をご説明していきます。

なお、本記事ではスターバックスコーヒー、ドトール、サンマルクカフェの接続方法についての説明となります。

スターバックスコーヒー

スタバでWi-Fi

photo credit: Starbucks! via photopin (license)

スターバックスコーヒーでは独自のWi-Fiを提供しています。

パスワードの入力などの煩わしさがないので、気軽に利用することができます。

ただし、1回の接続で1時間という制約があり、1時間経つと接続が途切れてしまいます。

接続が途切れても再接続すれば利用できるので、再接続の手間だけ我慢すれば、概ね快適に利用できるでしょう。

接続方法

それでは接続方法を順に説明していきます。

まず、店内でWi-Fiの接続設定画面を開きましょう。

すると、Wi-FiのSSID(Wi-Fiの名前)がズラッと出てきて、どこかに『at_STARBUCKS_Wi2』があるはずです。

探し出してタップします。

すると、一番上に『at_STARBUCKS_Wi2』が出現し、接続されます。

この時点ではまだインターネットに接続されていません。

しばらくすると、ログイン画面が出現するので利用規約に同意した上で『インターネットに接続』をタップします。

『インターネットに接続』をタップした後、下のような広告画面が出てきますので、画面右上の『完了』をタップし、接続完了となります。

1時間で接続が切れる

上述しているように、1時間で接続が一旦途切れるので、上記の手順で再度接続を行いましょう。

 

 

ドトール・サンマルク

ドトールやサンマルクカフェでは、フリーWi-Fiサービスの『Wi2 300』のゲストサービスを提供しています。

レジ近くにフリーWi-Fiへの接続要領が書かれた紙が置いてあります。(店舗によってない場合も)

この紙によると、まずはゲストコードというものを入手する必要があるようで、コード入手のためのQRコードが載っていましたが、私は読み込むことができませんでした。(認識はするが、『使用可能なデータが見つかりません』と出る…。)

読み込めない場合は『dcs@forguest.wi2.ne.jp』に空メールを送りましょう。

宛先に上記アドレスを入力し、題名も本文も編集せずにそのまま送信します。(空で送信できない場合はスペースなどを入力してもOK)

空メールの送信後すぐに下のようなメールが返ってきますので、メールに記載されているゲストコードを控えましょう。

次に、Wi-Fi接続設定画面を開きます。

SSIDの中から『Wi2premium』を探し出し、タップして接続を行います。

接続後、ブラウザ(インターネットを見るためのアプリ。例:Safari、chromeなど)を開くと、Wi2 300のログイン画面が出てくるので、先ほど控えたゲストコードを入力し、『ENTER』を押すことで、Wi-Fiへの接続が完了します。

※私はうまく接続が行えませんでした…すみません…。

※2019年6月30日追記

ギガぞうの無料トライアルが終了し、有料会員にならずにアプリを残していると『Wi2premium』に接続できないようです。

ゲストサービスで『Wi2premium』に接続する場合は、アプリを削除してから接続しましょう。

キャリアのWi-Fiも使えます!

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が提供しているWi-Fiを、上記で紹介しているカフェで利用することも可能です。

セキュリティ面から考えるとこちらの方が安全であると思います。

ですので、キャリアのスマホをご利用の方は、キャリアのWi-Fiを利用するようにしましょう。

カフェなどのフリーWi-Fiは安全?

フリーWi-Fiのセキュリティについてですが、安全とは言い切れません。

特に、上記で紹介しているスターバックス・ドトール・サンマルクカフェのWi2 300のフリーWi-Fi(ゲストサービス)は通信情報が暗号化されていないので、あなたの通信情報を読み取られるリスクは高いです。

(Wi2 300の有料プランなら通信が暗号化されているので、リスクは低くなります。)

フリーWi-Fiに接続する際は、仕事のメールやネットショッピングなどでのクレジットカード情報の入力、その他機密情報の入力、これら利用は避けるようにし、ちょっとしたネットサーフィン程度にとどめましょう。通信のセキュリティが低いとカード情報などを抜き取られてしまう可能性があります。

また、フリーWi-Fiでインターネットを利用する際は、サイト自体が暗号化がされていると比較的安心です。

暗号化されているサイトは、サイトのURLの前にカギのマークがあります。(chromeの場合)

キャリアのスマホを使用している方は、キャリアのWi-Fiをお勧めしますが、これも完全に安心とは言えません。

フリーWi-Fiを利用する場合、可能であるならVPNという通信を暗号化する方法をお勧めします。

このVPNはアプリを使うことで簡単に設定することができます。

参考のアプリはこちらを見て下さい。

高速で安全なWiMAXを使う!

WiMAXを利用する。

photo credit: UQ WiMAX via photopin (license)

WiMAXを使えば、自宅に限らず外でスマホ、タブレットはもちろんパソコンだって簡単にインターネットに接続できちゃいます。

これならセキュリティ面でも問題なく利用できます。

またカフェなどのWi-Fiは多くの人が利用し、あまりにもWi-Fi利用者が多いと回線が混雑し(お昼時など)、まともに動画が見れない可能性もなきにしもあらず。

WiMAX2+なら下り速度最大1.2Gbps(端末によって違います。)という高速通信が上限なしで(※3日間で10GBという制限はあります。)使い放題です。。

今なら、キャッシュバック 最大37,100円 という高額キャッシュバックのプロバイダもあるので、チェックしてみてください!

 チェック 最大37,000円キャッシュバック!!月額料金も3,609円(税抜)~とお得!工事不要でお得なWiMAX2+はこちら