WiMAXおすすめ隊

おすすめWiMAX選びを応援します!

*

おすすめランキングはこちら!
WiMAXおすすめランキングベスト3

【速度制限緩和】WiMAX2+が3日間で10GB制限に変更!

      2017/02/25

WiMAX2+のプランで、月間データ通信量の上限無くインターネット使い放題の『ギガ放題』というものがありますよね?

でも、今までこのプランは3日間で3GB以上のデータ通信を行うと、3GBを超えた日の翌日昼頃から翌々日昼頃まで速度制限されてしまうという弱点がありました。

この3GB制限は、ライトユーザーの方にはあまり気にならない規制だったかもしれませんが、長時間動画を鑑賞するヘビーユーザーの方には辛い規制だったと思います。

しかし、そんなヘビーユーザーの方に朗報です!

2017年2月2日から『3日間で3GB制限』だったのが、『3日間で10GB制限』に緩和されました!

通信制限とは

速度制限

まだWiMAXをご契約されたことが無く、現在WiMAXのご契約を検討中の方には、通信制限というものが初耳かもしれません。

『え、ギガ放題は制限ないんじゃないの?』と、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、ここで通信制限についてもう一度、おさらいをしておこうと思います。

混雑回避のための制限

ギガ放題なのになんで、通信制限があるんだよ!って話なんですが、これには理由があります。

WiMAXは基地局から電波を発信し、各端末との通信を行っております。

大量の端末と、大量の通信を行うことで通信が混雑してしまい、通信速度が遅くなってしまうことがあります。

通信データ量に制限を掛けることで、皆さんに通信量を抑制して頂くことで、混雑を予防しようということなのです。

参考【徹底解説】WiMAXとは?LTEやWi-Fiとの違いって何?

通信制限緩和

通信制限についてはお分かり頂けたと思いますので、ここで今回のテーマである、『3日間で10GB』の詳細に触れていきたいと思います。

まず、前回と今回の変更内容をご覧ください。

出典:UQ Communications

(注3) 2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで速度制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。
(注4) 2015年7月15日より、暫定運用として、制限後の速度をYouTube動画のHD画質レベルがご覧いただける速度以上に緩和しておりました。
(注5) 送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります。

出典:UQ Communications

以上が、今回の変更の概要です。

 参考  WiMAX2+の3GB通信制限を解説!どれだけ使えば3GBを超えるのか?
※↑この記事は制限ルール変更前の記事です。参考程度にご覧ください。

通信制限が3日で10GBに

 

先ほどから何度もお伝えしていますが、今回の緩和をざっくり言うと、2017年2月2日から『3日間で3GB制限』だったのが、『3日間で10GB制限』に変更されました。

10GBと簡単に言われてもわかりにくいと思いますので、UQ WiMAXが出している目安をご紹介します。

出典:UQ Communications

この目安はPC利用時のものですので、スマホでご利用になられた場合は若干異なります。また、あくまで目安ですので、実際のご利用とは誤差が生じる可能性があります。

この目安を見る限り、相当の長時間動画を見続けなければ、規制に引っかかる心配はなさそうですよね。

制限時間の短縮

規制緩和では、データ通信量が緩和されただけではありません。

通信速度が制限される時間までもが緩和されています。

以前の3GB規制の時は、3GBを超えた日の翌日昼頃から翌々日昼頃まで(24時間)速度制限されていたのが、今回の変更では、3日間のデータ量が10GBを超えた日の翌日18時頃から翌々日2時頃まで(8時間)の制限時間となりました。

つまり、速度制限時間が24時間⇒8時間と、1/3に緩和されました。

夕方頃に速度制限が掛かっても、翌日の朝起きると通常通りの速度に戻っているということです。

ご利用のイメージ

制限が掛からないケース

出典:UQ Communications

上記のように3日間のデータ通信量の合計が10GB以内に収まっている場合は、制限の対象にはなりません。

制限が掛かるケース

出典:UQ Communications

この場合は、制限が掛かります。

例えば、3日目に10GBを超えたとします。(上表参照)すると、4日目の18時ごろに制限が掛かり、翌々日である5日目の夜中の2時に制限解除となります。ただし、制限が掛かる4日目の18時までは、通常の速度でのご利用が可能です。

制限が掛かるケース2

出典:UQ Communications

これは特殊なケースですが、3日目に50GBという大量の通信を行っていますよね。
当然、4日目の夕方18時ごろに制限が掛かってしまいます。

で、4日目は0.5GB、5日目は0.8GBと、少ししか使っていないのにも関わらず、6日目も速度制限が掛かっています。

なぜかと言いますと、3日目・4日目・5日目の合計データ通信量が10GBを超えているからです。このケースは、3日目に使いすぎちゃった人の例です。

つまり、一気に使い過ぎちゃうと、速度制限が掛かる日数が長引くということですね。

でも、このような場合でも、制限が掛かるのは3日間のデータ量が10GBを超えた日の翌日18時頃から翌々日2時頃まで(約8時間)ですよ!

速度制限時の通信速度

制限が掛かってしまった後の通信速度は、2015年7月15日より、暫定運用として、制限後の速度をYouTube動画のHD画質レベルが見れる速度以上に緩和されていました。

今回の変更によって、制限後の通信速度は『Youtube動画の標準画質がご覧いただける速度』となった(戻った)ため、以前(2015年7月15日以降)からWiMAX2+をご使用の方は、制限が掛かった場合の通信速度を体感されると、かなり遅く感じるかと思います。

まとめ

今回の緩和で、大きく変わったのは、

  • 3日間のデータ量が10GB以上で速度制限
  • 制限が掛かるのは、3日間のデータ量が10GBを超えた日の翌日18時頃から翌々日2時頃まで(約8時間)
  • 制限が掛かると通信速度は『Youtube動画の標準画質がご覧いただける速度』

制限後の通信速度が遅くなったのは、ダメージが大きいものの、3日間のデータ量の合計が10GB以上で制限となったのと、制限される時間が短くなったのは、かなりお得になったと思います!

オススメ記事 【20人に聞きました】WiMAXのクレードルは本当に必要か?

おすすめWiMAXランキング!

1位 とくとくBB

業界最大級のキャッシュバックがもらえる太っ腹プロバイダ『とくとくBB』がおすすめ№1です!
プロバイダ選びで一番重要と言っても過言ではないのが、キャンペーン内容です。
そしてキャンペーンと言えばキャッシュバックですよね!
とくとくBBは今ならなんと、最大43,000円が受け取れる超お得なキャンペーン実施中です!
このお得な機会を逃さないようにしましょう!

2位 ビッグローブ

老舗プロバイダーのひとつである『BIGLOBE』が提供するWiMAXサービス。
ここからご契約いただくことで『最大30,000円キャッシュバック』というキャンペーン実施中です!
キャッシュバックの面倒な手続きの必要がないのでオススメです!
もちろんデータ端末も無料です!
手間なくキャッシュバックを受け取るならビッグローブがオススメです!

3位 UQ WiMax

本家本元であるプロバイダ『UQ WiMAX』
サポート体制も万全で安心してお使いいただけるかと思います。
キャッシュバックは最大10,000円の商品券と低めですが、2か月目にキャッシュバックしてもらえる早さが特徴です!
安心感を重視したいあなたは、本家のUQ WiMAXで決まり!

 - WiMAX , ,