【保存版】メリット・デメリットでWiMAX2+と光回線を比較してみた!

WiMAX

WiMAX2+と光回線の契約で迷っていませんか?

この記事では迷いを払拭できるように、WiMAX2+と光回線のメリット・デメリットを比較して、あなたが自分にぴったりの回線を見つけられる手助けを致します!

WiMAX2+と光回線の違い

高速インターネットを謳い文句としたインターネット回線である、WiMAX2+と光インターネットですが、その仕組みについては理解されていますか?

まずはこの2つの違いを知る事から始めましょう!

WiMAX2+とは?

WiMAX2+とは、UQのCMでお馴染みのUQコミュニケーションズが提供している、比較的新しい無線技術のことです。

みなさんご存知のWi-Fiに近い通信方法で、その最大の特徴としては完全無線で通信が行える事です。

基地局から送られてくる電波を、専用の携帯型ルーター(いわゆるポケットWi-Fi)もしくは、据え置き型ルーターが受信し、さらにそのルーターからのWi-Fi電波とスマホを接続する事で、インターネットへの接続を行います。

つまり、携帯型ルーターなら家でも外出先でもWiMAX2+を使ったインターネットが行えるという特徴があります。

据え置き型のルーターに関しても、コンセント電源さえあればどこでもWiMAX2+を使えるので、家の中でも置く場所に困らないでしょう。また、家以外でもコンセントがあれば問題ないので、出張先に持って行ったり、研修先に持って行ったりすることも可能です。

ワイマックスってなに?

【徹底解説】WiMAXとは?LTEやWi-Fiとの違いって何?

2015年8月24日

光回線とは?

光を利用した回線である光回線はご存知の方も多いかと思います。

この光回線はWiMAX2+と違って有線、つまり通信ケーブルが必須となる回線です。

通信ケーブルが必須ということは、モデムやルーターの置き場所がある程度限定されてきます。

というのも、光コンセントなどの通信ケーブルの差込口の場所が限られてくるからです。

しかし、今はWi-Fi(無線LAN)を利用するケースがほとんどなので、設置場所が限られていたとしてもルーターさえ設置すれば、電波が届く限りどこでもネットに接続ができます。

そして、光回線の大きな特徴、メリットは有線である故の通信速度の速さです。

現在、ほとんどの光回線に於いて1Gbpsの通信速度に対応しており、早いものでは2Gbps以上のものまであります。

また、WiMAX2+に比べて通信速度の安定性もあります。

最大の通信速度が早ければ早いほど、多くの機器をネットに接続した時の通信速度の低下はしにくいので、家族が多いご家庭などに向いています。オンラインゲームをする方にもおすすめですね。

ゼロからインターネットにWiFi接続するために必要な3ステップ!

2019年5月20日

それぞれのメリット・デメリット

WiMAX2+と光回線について、なんとなくでもお分かり頂けましたか?

次はWiMAX2+と光回線のメリットデメリットについてお話し致します。

WiMAX2+のメリット① 持ち運びが可能

上述しているように、WiMAX2+のルーターは携帯型ルーターです。

どこに持ち運んでもWi-Fiが使えます。(WiMAX2+のサービスエリア内)

ですので、カフェに持ち込んでインターネットを楽しむことができますし、旅行先でももちろんOKです。

公共の場のフリーWi-Fiは不特定多数の人が利用しており、安全とは言い切れません。

あなたの通信状況、ショッピングで入力したクレジットカード情報などを盗み見られるかもしれません。

WiMAX2+なら、SSID(Wi-Fiの名前のようなもの)とパスワードを教えない限り、その電波はあなただけがアクセスできるので安全です。

WiMAX2+のメリット② 工事不要ですぐに使える!

WiMAX2+のルーターは無線のため回線の開通工事は必要ありません。

スマホのように契約後に端末を受け取るだけで、その日のうちにインターネットを楽しむことが可能です。

もちろん、工事費用もかからないため、余分な出費も抑えられます。

WiMAX2+のデメリット① 通信速度がそこまで早くない

WiMAX2+の通信速度は下り最大440Mbpsと謳われていますが、実際にはそこまでの速度は望めないでしょう。


※下り速度はダウンロード速度、ページの読み込み速度に関係する速度です。

ただ、状況にもよりますが、YouTubeやHuluなどの動画ストリーミングサービスは問題なく観れます。

オンラインゲームもすることが可能ですが、ほんの少しラグが発生する場合もあります。

動画やネットサーフィンがメインのユーザーはそこまで気にする必要はないでしょう。

WiMAX2+のデメリット② WiMAX2+対応エリアが限られている

WiMAX2+は、まだまだ新しいサービスです。

それ故、まだ電波の届かない、電波が不安定な場所が多くあります。

特に地方では電波が入りにくい可能性が高いです。

通信速度・電波の強さを事前に調べる必要があるので、UQの公式ページから検索するか、Try WiMAXを利用してみて検討するようにしましょう。

Try WiMAXは無料で2週間も端末をレンタルすることができるので、電波状態を確かめるのにはもってこいのサービスなので、ぜひ利用するようにしましょう。

WiMAX2+のデメリット③ 通信量が3日で10GBという制限がある

通信回線の混雑を避けるために3日間で10GBという制限があり、コレを超えると3日間のデータ量が10GBを超えた日の翌日18時頃から翌々日2時頃まで(8時間)通信速度が大幅に下がってしまいます。

10GBというとかなりの通信量ですので、まぁまず制限に引っかかることはないと思います。

光回線のメリット① 高速通信が可能!

光回線といえば通信速度の速さが最大の特徴と行っても過言ではないでしょう。

ほとんどの回線は1Gbps以上の高速通信に対応しており、2Gbpsのものあります。

コレらの数値は机上での数値、つまり理論上の数値なので実際は100%の速度は期待できませんが、それでも数百Mbpsの速度は期待できます。

ゲームなどで少しのラグも許せない場合、高画質の動画を視聴する場合、Wi-Fiの接続する機器の台数が多い場合に効果を発揮します。

光回線のメリット② 多くのWi-Fi機器が接続できる!

回線の速度が速いので、比較的多くの機器を接続することができます。(多くの機器を繋いでも通信速度が遅くなりにくい)

今はIoT家電(スマート家電)の種類が多くなってきているので、必然的に多くの機器をWi-Fiでインターネットに接続するケースが増えてきています。

エアコンやテレビ、鍵に照明にインターホンまでもがインターネットに繋がる時代です。

WiMAX2+の据え置き型ルーターでも可能ではありますが、台数が多くなれば光回線の方が圧倒的に有利です。

メッシュWi-Fiという仕組みを利用すれば、100台ほどの機器をWi-Fi接続することが可能ですから。

【保存版】こんなにも!?Wi-Fiで繋がるIOTおすすめ家電をまとめてみた!

2019年6月9日

光回線のデメリット① 持ち運びができない

固定回線なので当然ですが、ルーターを持ち運べません。

Wi-Fiを使えば家の中などWi-Fiの電波が届く範囲であればどこでも接続することは可能です。

光回線のデメリット② 契約から開通までの期間が長い

環境にもよりますが、契約後から開通までに約1ヶ月ほど必要です。

また、回線の開通工事も必要で工事には立ち会わなければいけません。あなたの都合と工事業者の予定がうまく合わなければ、開通までさらに時間を要することになります。

そして、引っ越しをするたびに工事が必要なので、引っ越しが多い方は少し苦労されるかもしれません。

光回線のデメリット③ 光回線の種類が限定される場合も…。

今現在、様々な光回線が日本各地に張り巡らされています。

有名な回線であれば、フレッツ光やeo光、ドコモ・au・ソフトバンク光など一度は耳にされたことがあるかと思います。

しかし、これらの回線、通信ケーブルがあなたの家の近くを通っているとは限りません。

エリアによって回線業者が限定されます。

また、マンションにお住いの場合、そのマンション自体がすでに特定の光回線と契約している可能性があります。

基本的にはマンションが契約している光回線を利用しますが、どうしても使いたい回線があれば、戸建と同様で回線の引き込み工事が必要になります。そして、この工事はあなたの一存だけで行うことができないので、マンションを管理している業者・大家さんに了承を得る必要まであるので注意が必要です。

WiMAX2+と光回線を比較

WiMAX2+と光回線のメリット・デメリットについて説明したところで、コレらを比較していきたいと思います。

比較① 月額料金

月額料金で悩まれている方も多いのではないでしょうか。

ここでは当サイトでご紹介している最安値のプロバイダで比較することにします。

WiMAX2+の最安値プロバイダはとくとくBBで、月額が1ヶ月目〜2ヶ月目まで2,170円、3ヶ月目〜36ヶ月目が3,480円となります。

一方、光回線はSo-net auひかりで、月額が1ヶ月目〜36ヶ月目まで据え置きの3,680円です。So-net auひかりの場合工事が必要なのですが、工事費用は分割で月額料金に含まれています。

プロバイダ(回線名) 1〜2ヶ月目 3〜36ヶ月目 事務手数料 備考
WiMAX2+ とくとくBB 2,170円 3,480円 3,000円 WiMAX2+端末が0円
光回線 So-net auひかり 3,680円 3,680円 3,000円 工事費分割625円×60ヶ月払い込み

※これらの料金は3年契約となっており、キャンペーンによる割引料金です。3年経過後は少し料金がアップしてしまいますので、契約満期になったら乗り換えるのをお勧めします。

月額料金はわずかながらWiMAX2+の方が安い結果となりました。

光回線は高速通信が故に少し料金は高めの設定になっています。

ちなみに、スマホがauなら、どちらもauスマートバリューが適用され、最大1000円の割引があるので実質料金はもう少し安くなります。

比較② 通信速度

WiMAX2+の通信速度は下り最大440Mbpsで、光回線の多くは下り最大1Gbpsとなっています。

理論上の数値だけでは光回線の方が約2.3倍早いということになります。

また、通信速度が安定して早いのは光回線で、WiMAX2+は通信速度が遅くなることが多々見受けられます。(時間帯によって変動する。)

光回線も時間帯による速度の変動はありますが、もともとの通信速度が早いため、速度が低下しても気にならない程度でしょう。

回線 下り最大速度
WiMAX2+ 440Mbps
1Gbps

 

注意

光回線も回線によっては、利用者増加により回線が混雑し、遅くなっているものもあります。

比較③ 利用開始までの期間

WiMAX2+は契約後、早ければ端末を即日発送してくれるので、最短で翌日から利用可能です。

光回線は上述している通り、契約から利用開始まで約1ヶ月ほどかかってしまいます。

光回線の利用開始までのフローは下図を参考にしてください。

開通までの流れ

すぐにでも使いたい!という方にはWiMAX2+が向いているかもしれません。

比較④ 利用方法

WiMAX2+と光回線、どちらもインターネットに接続するための手段ですが、ライフスタイルによってどちらがあなたにベストなのかが決まります。

例えば仕事柄、外でノートパソコンを使用する機会が多く、資料集めなどでインターネットを使いたい場合、旅行先で動画を見るなど、ガンガン インターネットを使いたい場合といったように、外での利用を重視しているのであればWiMAX2+がお勧めです。

反対に、インターネットの利用が家メインの方には光回線をお勧めします。Wi-Fiで家電をインターネット接続したり、オンラインゲームには光回線の方が有利だからです。

また、利用のメインが家でご家族みんながガンガン インターネットを使う場合も同様に光回線をお勧めします。

迷った時はこれ!

全くイメージが湧かず、迷った時はまずWiMAX2+の無料体験『Try WiMAX』をご利用されてみるのが一番だと思います。

Try WiMAXは無料で2週間WiMAX2+の端末がレンタルできるので、実際に使ってみて自分に合うか、合わないかが判断できると思います。

また、2週間ではわからない方は一旦、WiMAX2+を契約してみるのもいいでしょう。

もし使っているうちに、光回線に乗り換えればいいのです。

乗り換えの際、WiMAX2+を解約した時に違約金が発生しますが、光回線への乗り換え契約の場合、ほとんどの光回線プロバイダーがキャッシュバックという名目で違約金を肩代わりしてくれるはずです。

どうしても決められない場合は、WiMAX2+を使ってみましょう。

おすすめのプロバイダー

当サイトの一押しプロバイダーをWiMAX2+、光回線それぞれご紹介いたします。

WiMAX2+なら『とくとくBB』

上記でもご紹介したとくとくBBですが、キャッシュバックキャンペーンもやっています。

キャッシュバック額は超高額なので、トータルコストが安くなります。

また、WiMAX2+が気に入らなかった場合、一定の条件はありますが20日間以内であれば違約金なしのキャンセルが可能です!

キャッシュバックは端末発送月を含む11ヶ月目に受け取れますが、申請手続きが必要で、この手続きを忘れるとキャッシュバックが受け取れなくなります。

キャッシュバックの受け取りに不安がある方は、月額割引キャンペーンをお勧めします!

光回線ならNURO(ニューロ)光

どうせ光回線にするなら、超高速がいいですよね。

速度にこだわるなら、NURO光がダントツです。

下り最大速度は驚異の2Gbpsという超高速インターネットが可能です。

これからの時代はHDの動画に加え、4Kの動画も普及してくるでしょう。

超高画質の動画を見るのなら通信速度が早ければ早いほど、動画が途中で止まる心配もなく、ストレスフリーで楽しむことができます。

また、オンラインゲームユーザーにとってもラグの少ない高速回線が必須です。

また、早いだけではなく、キャッシュバックがなんと35,000円ももらえるといういいことづくし。

エリアは限られますが、エリア内であればぜひNURO光にしてください!

その他のお勧めは下記の関連記事をご覧ください!

【光回線】インターネットプロバイダーの選び方と5つのオススメまとめ!

2019年6月23日